安くFAXの送信をする方法

 

今まではFAXの送信をするのなら複合機が必要になるのが一般的でした。

 

2020年は状況も大きく変わり、様々な送信の仕方が登場をしています。

 

複合機だけではなくコンビニやパソコンやスマホからFAXを送ることができ、それも専用機の代金もいらずで費用も安い特徴があります。

 

テレワークの増加や副業として個人事業主をしながらサラリーマンをする人も多く、FAXの利用が必要な人は増えてはいますが、オフィスのように複合機の高いリース代を支払うのも難しいです。

 

そのため、様々な方法でFAXの送信ができるようになっているのですね。

 

この記事では全てのFAX送信方法だけでなく、安く遅れるネットFAXについても分かるようになっています。

 

FAXの送信のみならネットFAXが便利で安い

 

FAXの送信のみをするならネットFAXの利用がおすすめです。

 

  • 操作がスマホで簡単
  • 専用機代がいらない
  • 費用が安い
  • 外出先からでもFAXの送信ができる

 

FAXの送信のみで受注業務として複数人で利用をする必要がなければ、毎月の費用は1000円程度から始められ、金額が非常に安くなっています。

 

なによりオフィスにいる必要はなく、外出先からでもFAXの利用ができ、なおかつ操作方法が簡単で誰でも利用ができるので便利なのですね。

 

パソコン(windows10)からFAXの送信ができる

 

インターネットFAXを利用すればパソコンのwindows10からFAXの送信をすることができます。

 

最近ではMACに対応をしているのがほとんどなので、PCさえ所有していれば複合機は必要とならないのですね。

 

専用の電話回線は必要とならないので、工事をする必要もなく、アプリなどをインストールして利用者登録さえすれば、即日からでも利用が可能です。

 

FAXの送信がしたいけど、複合機は持っておらず、パソコンを持っている人なら非常に便利で安いです。

 

スマホからFAXの送信ができる

 

インターネットFAXはスマホからでもFAXの送信をすることができます。

 

専用のアプリやメールの機能を利用して、ネット回線が接続できている環境であれば、外からでもFAXが送れます。

 

そのため、スマホからの送信なら自宅のベッドや書斎からだけではなく、営業先やカフェなどどこからでも利用をすることができるのですね。

 

場所にとらわれずにFAXの送信ができるので、複合機の前やコンビニに行くための無駄な時間もかからず、仕事の効率化としての効果もあります。

 

エクセルの表やワードや画像が送れる

 

インターネットFAXは複合機のように紙を送信する訳ではありません。

 

パソコンやスマホ状のエクセルの表やワードやPDFや画像を直接送ることができます。

 

そのため、今までわざわざ紙に印刷をしてからFAXを送るような面倒なことはせず、直接送信したいファイルや表を添付すれば良いだけとなっています。

 

3種類のFAXの送信方法

 

FAXの送信方法は全部で3種類あります。

 

  • 複合機
  • コンビニ
  • ネットFAX

 

ここからはそれぞれの具体的な送信方法について解説をしていきます。

 

複合機でFAX

 

複合機でFAXを送信するのであれば必要なのは送り先の番号となります。

 

  • 複合機のFAXの送り口に紙を入れる
  • 送り先の番号を入力する
  • 送信ボタンを押す
  • 紙が複合機に読み取られ排出する
  • 送信できたか確認をする

 

FAXはコピー機とは違い、回線で相手の情報を伝達をしています。

 

回線が込み合っていたりなんらかの不具合が起きると、送信できないこともあります。

 

そのため、重要な書類であれば必ずFAXが送信できたかの確認をするようにしましょう。

 

仕事状では10分後ぐらいに相手に電話をして、相手に届いたかの確認をするのがマナーとなっています。。

 

コンビニFAX

 

今では街中にあるコンビニからFAXが送信できる専用機が設置されています。

 

全店舗ではなく一部の店舗では取り合つかいをしていないこともあるので確認を忘れないようにしましょう。

 

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

 

これらの全国展開しているコンビニであれば、大抵はFAXを送信できる専用機が設置されています。

 

料金はコピー機のように1枚いくらではなく、通信時間によって変動をします。

 

そのため、国内か海外なのかだけでなく、送信先までの距離や回線状況により変わり、1枚で100円以上することもあります。

 

ネットFAX

 

インターネットFAXの送信の仕方は2種類に分けられます。

 

  • アプリから送信
  • メールソフトから送信

 

パソコンやスマホ専用のアプリを提供しているサービスだと、インストールをしてそこからFAXを送ることができます。

 

どちらも共通しているのは「メールの送信と同じ」やり方でのFAXの送信となります。

 

宛先を「送り先のFAX番号+固有のアドレス」に設定して、エクセルやワードや画像のファイルを添付するだけです。

 

この固有のアドレスはサービスによって違いますが、誰でも簡単に即日から使えるようになっているのですね。

 

まとめ

 

この記事ではFAXの送信についての解説をしましたが、ここで紹介している3つの方法はどれも受信をすることもできます。

 

今まではFAXと言えばオフィスに設置している複合機でしたが、スマホやパソコンが普及をした今では特定の場所からしか利用ができないのは、不便とも言えます。

 

いわば昔は固定電話を使用をしていて、今では携帯電話が主流になっているのに、一部では今でも固定電話を使い続けているようなものです。

 

それも利用価格が安くなるのに、高いのを使い続けている状況がなぜかFAXでは続いています。

 

FAXの送信や受信をするのであれば圧倒的にインターネットFAXを利用するのがおすすめです。

 

詳しく知りたい人は「無料インターネットFAXの比較や複合機との違い」の記事で解説をしているのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

トップへ戻る