FAXの受信ならパソコンやスマホからが無料で楽

FAXを受信専用で使いたいのであれば無料で利用できるネットFAXがおすすめです。

 

パソコンやスマホから受信をすることができるので、外出先でも自宅でも職場でも、自分専用のFAXの受信機を所有することができます。

 

わざわざFAXの受信のみにコンビニに行く必要もなければ、会社へ戻るなんて無駄な手間や時間がいらなくなります。

 

そのため、価格が安くて簡単に利用できるので、FAXを受信のみで利用している人で利用者が増えているのですね。

 

この記事ではFAXを受信専用で使うならなぜネットFAXが良いかの理由だけでなく、コンビニを利用した受信方法や各料金が分かるようになっています。

 

テレワークの影響で認知度が上がっているので、FAXの受信専用であればネットFAXが当たり前となってくる可能性もあるのではないかと思います。

 

受信専用ならネットFAX

 

FAXを受信専用で行うなら安くて簡単なのが「インターネットFAX」です。

 

インターネットFAXを利用すれば受信のみで使用する場合はメリットが多いです。

 

  • パソコンやスマホからどこでも受信が可能
  • 紙で必要なら印刷も可能
  • 受信データのファイル管理が簡単
  • 受信のみなら無料で利用できる

 

ネットFAXについて知らない人向けに受信専用で使うならどんだけ安くて簡単なのか詳細を紹介します。

 

パソコンやスマホからどこでも受信できる

 

ネットFAXはパソコンやスマホやタブレットから利用をすることができます。

 

FAXを受信するとメールまたは専用のアプリにて通知が来るようになっています。

 

送られてきたファイルは今までは紙で印刷がされていましたが、PDFのファイルに自動で変換されているので、PCやスマホの端末で確認をするだけです。

 

今までの複合機のようにスマホであればポケットに入れて持ち歩けるサイズなので、どこからでも受信ができるようになります。

 

そのため、FAXの受信で専用機やコンビニまで行く必要がなくなるのですね。

 

受信したFAXを必要に応じて紙で印刷

 

ネットFAXで受信したデータは必要に応じて紙に印刷をして保管をすることもできます。

 

今まで使われていた「専用機」や「コンビニFAX」は受信したデータをを自動で印刷されていました。

 

しかし、ネットFAXになるとPDFでのファイルに自動で変換をして受け取ることになります。

 

そのため、必要であるなら「パソコンの印刷機」や「コンビニのコピー機」を利用して、今までと同じように紙に印刷をすることができます。

 

自動で受信したFAXが印刷されていたのとは変わり、必要なのだと紙にすることができるので、印紙代やインク代の削減にも役立つのですね。

 

受信データのファイルの管理が簡単

 

FAXを利用していると受信データーの管理が必要になることがあります。

 

  • エラーで上手く印刷がされてない
  • インク不足で印字が薄い
  • 印刷されたのを無くしてもう一度確認したい

 

複合機やコンビニだとファイルの管理がしづらく、昔のデータを探すのに手間がかかったりします。

 

ネットFAXであればファイルの管理がしやすくなっているのも多く、日付などからすぐに必要な受信データを見つけることができます。

 

外出先でどんな内容か再度確認することや再度印刷をして紙にすることも簡単にすることができるのですね。

 

受信が無料のネットFAX

 

ネットFAXは様々なサービスがあり、そのなかでも受信が無料のがあります。

 

利用にかかる料金の基本は3つあります。

 

最初の契約時にかかる「初期費用」に加え「月額費用」と「受信費用」です。

 

しかし、メッセージプラスのような受信が無料のネットFAXを利用することで、1度だけ必要となる初期費用は1,000円ですし、月額も950円と安いです。

 

そのため、受信専用のFAXが受信料は無料で毎月の出費が約1,000円に抑えることができるのですね。

 

また、送信は有料とはなりますが、できない訳ではないので必要なら持ち運びできるFAXとしても利用をしていくことが可能です。

 

FAXを受信する方法

 

FAXを受信する方法は3つあります。

 

  • 専用機・複合機
  • ネットFAX
  • コンビニFAX

 

今までは専用機や複合機を利用するのが圧倒的に多かったですが、2020年の令和ではテレワークの導入などの影響もあり、楽で安いネットFAXの利用者がどんどん増えています。

 

コンビニFAXよりは少し高くはなるものの、毎月かかるコストに比べて、どこででもFAXを受信をできるので人気があるのですね。

 

FAXの受信の料金

 

FAXの受信料金はどの方法にするかによって全く異なってきます。

 

基本的なFAXの専用機であれば受信料は無料ではあるものの、その他のコストの部分がかかってくるので、最も高くつく方法でもあります。

 

「各方法によるFAXの受信費」

  • 専用機:専用機・月額費・印紙代・インク代・電気代
  • コンビニ:1枚50円
  • ネットFAX:月額950円(受信料無料)

 

手間がかかるが安いのがコンビニFAXですが、ファイルの管理しづらかったり、その都度出かける必要があります。

 

2020年で利用者がどんどん増えているのがネットFAXで、契約時に手数料の1000円はかかるものの、月額は950円で受信料は無料のサービスがあります。

 

FAXの受信料は方法によって価格は異なりますが、安さを求めるのかそれとも簡単にできるのかで、どの方法を選ぶと良いかが変わります。

 

コンビニでFAXの受信なら「クロネコ fax」

 

コンビニでFAXを受信するなら「クロネコFAX」を利用することになります。

 

  • コミュニティストア
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン

 

以上のコンビニでクロネコFAXは導入されているので、ほとんど受信をすることが少ないのであれば、安く抑えることができます。

 

導入をしている店舗は全てではないので、近くにある支店で使うことができるかの確認は必要となります。

 

わざわざコンビニまで毎回行かなければならないので、頻繁にあるならネットfaxもそこまで高い訳ではないのでおすすめですが、月に1回した利用しないなど臨時で必要になる人なら、コンビニFAXはおすすめです。

 

まとめ

 

今まではFAXを受信するのは専用機が当たり前でした。

 

その後に「コンビニFAX」が誕生して、2020年の今では「ネットFAX」の利用者が増えているのですね。

 

FAXの受信のみで使用しているのなら、月額はかかるものの無料で利用ができるので、圧倒的にメッセージプラスはおすすめすることができます。

 

また、必要に応じて送信や印刷もできるので、スマホやパソコンさえあれば安く自分専用のFAXの利用をしていくことが可能です。

 

テレワークの増加により、導入をしている企業も増えており、個人で利用している人もたくさんいます。

 

今度はFAXと言えばネットFAXに代わりつつあるのかも知れないですね。

トップへ戻る